【未経験OK】Webライターの始め方|初心者が月5万円稼ぐコツも解説

【未経験OK】Webライターの始め方|初心者が月5万円稼ぐコツも解説
  • URLをコピーしました!
この記事で解決できる悩み
  • 未経験からWebライターを始める方法が知りたい!
  • 初心者でもWebライターで月5万円稼ぐには?
うな

こんにちは!主婦Webライター兼ブロガーのうなです。

Webライターは未経験で誰でも始められるため、完全在宅で仕事をしたい人からの人気が高いですよね。

とはいえ、Webライターに興味をもったはいいものの、何から始めればいいのかわからない方も多いはずです。

私自身Webライターは未経験でしたが、開始初月から月5万円稼いだ経験があります。

うな

今ではライター業とブログを組み合わせて、月10万円も稼げるようになりました!

そこで本記事では、Webライターを始めたい方へ向けて、以下のことをお伝えします。

  • Webライターを始める5ステップ
  • 受注率アップのポイント
  • 初心者Webライターが月5万円を稼ぐコツ
  • Webライターを始める際の疑問と回答

本記事を読めば、未経験でもWebライターとして最短で稼げるようになるはずです。

Webライターに興味がある方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください^^

目次

妊婦・主婦でもできる!Webライターの仕事とは?

Webライターとは、ブログやコラムなど、Web上の文章を書いて報酬をもらうお仕事です。

私たちは普段から調べたいことをネット検索しますよね。検索した結果、出てきたサイトの記事を書いているのが「Webライター」たちです。

ネット環境とパソコンさえあればどこでも誰でもできるため、在宅で働きたい妊婦や主婦、子育て中のママにもぴったり

うな

私自身も妊娠中にWebライターを始めました。

Webライターの始め方【5ステップ】

Webライターを始める手順
  • ブログを開設する
  • 記事を書いてみる
  • クラウドソーシングへ登録する
  • 案件に応募する
  • 執筆する

未経験からWebライターを始める手順は上記の5ステップです。

ひとつずつ丁寧に解説していきますね。

①ブログを開設する

必須ではありませんが、Webライターへ挑戦する前準備として、まずは自分のブログを開設してみるのがおすすめです。

なぜなら、Webライターの仕事は執筆経験があったり、WordPressへの入稿ができたりすると案件を受注しやすくなるからです。

うな

Webライターの仕事は応募すれば必ず受注できる訳ではありません。実績がないと、なかなか仕事がもらえず挫折してしまうことも…

先に自分のブログを開設しておけば、執筆の練習もできますし、あなたの記事を実績としてアピールできます。

うな

ブログに書いた文章はWebライターで納品した記事とは違ってあなたの資産となるため、ゆくゆくはブログで稼ぐことも可能です!

ブログは無料でも作れるサービスが多々ありますが、ライターと組み合わせるならWordPressブログがおすすめです。

WordPressブログがおすすめな理由
  • ライター業でWordPress入稿を求められることがある
  • WordPress入稿ができるライターが優遇される場合がある
  • アフィリエイトで収益化できる

WordPressブログを始めるなら、本ブログでも利用している「エックスサーバー」がおすすめですよ。

12/9 12時まで!
エックスサーバーで【利用料金最大30%オフ&初期費用0円&ドメイン永久無料】キャンペーン中

WordPressブログの始め方はこちらの記事でご紹介しているので、あわせてご覧ください。

②記事を書いてみる

WordPressブログを開設したら、ライティングの練習のためにも5記事ほど記事を書いてみましょう。

ブログ執筆のポイント
  • 自分の好きや専門知識で、誰かの悩みを解決する記事を書く
  • まずは1記事2,000文字程度

とはいえ、「そもそも文章の書き方がわからない・・・」という方がほとんどですよね。

そんな人は、「沈黙のWebライティング」という本がわかりやすいのでおすすめです。

うな

ヘタクソでもいいのでまずは手を動かして実際に1記事書き上げてみると、改善点がわかるはずですよ^^

③クラウドソーシングへ登録する

ここまで準備できたら、Webライターのお仕事を受注するためにクラウドソーシングへ登録しましょう。

クラウドソーシングとは:
クライアント(仕事を依頼したい人)と、在宅ワーカー(仕事を見つけたい人)をマッチングしてくれるサイトのこと

クラウドソーシングサイトは数多くありますが、おすすめは以下の2つです。

どちらも国内大手のクラウドソーシングのため、案件が豊富にあります。初心者の実績づくりにはぴったりのサイトです。

④案件に応募する

クラウドソーシングへ登録したら、いよいよ案件へ応募です!

最初は実績作りのためにも、以下のような案件へ応募してみましょう。

応募する案件のポイント
  • 自分の知識を活かせそうなジャンル
  • 文字単価0.5円以上

注意してほしいのは、「初心者・未経験者OK」の記載があっても、文字単価0.5円未満の案件への応募は避けることです。

なぜなら、文字単価0.5円未満の案件で全然稼げずに疲弊してしまう初心者ライターが多いからです。

例えば、文字単価0.1円の案件を受注して5,000文字執筆したとしても、報酬はたったの500円のみ…😢

そういった案件は特に「初心者・未経験者OK」の記載があるものに多く、初心者ライターを低単価で使い捨てる傾向があります。

低単価で挫折しないためにも、文字単価0.5円以上の案件へ応募するようにしましょう。

受注率アップのポイントは後述しています。

⑤執筆する

無事に案件を受注できたら、あとは執筆あるのみです!

クライアントによって書き方や納品のルールが違うので、マニュアルを提示された場合はよく読み込んでおきましょう。

また、執筆だけではなく社会人としての最低限のマナーも必要です。

クライアントと上手に付き合うコツ
  • 連絡がきたらなるべく12時間以内に返信
  • 納品日の厳守
  • 納品日がない場合、進捗や納品目安の報告

わたしは上記のことに気をつけた結果、ほとんどのクライアントから継続でお仕事をいただけています。ぜひ参考にしてください。

受注率アップのポイント

Webライター最初の壁として、「案件を受注できない」という悩みが多いです。

Webライターの案件をなかなか獲得できない時は、以下を参考にしてください。

受注率アップのポイント
  • プロフィールを整える
  • 提案文の質を上げる
  • たくさん応募する

ひとつずつ解説していきますね。

プロフィールを整える

案件へ応募する場合は、あらかじめクラウドソーシングのプロフィールを設定しておきましょう。

プロフィールには、以下のことを記載しておくとクライアント側も仕事を依頼しやすいです。

プロフィールに記載したいこと
  • 経歴
  • 得意な執筆ジャンル
  • 実績や運営ブログ
  • 資格
  • 稼働時間

私の場合は、以下のような感じでプロフィールを設定しています。

例)
プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。
以下に経歴や得意分野などを記載しておりますので、ご覧ください。

【経歴】
・2015年3月:〇〇大学卒業
・2015年4月:〇〇勤務
・2022年4月:〇〇退職
・2022年7月:ライターとして活動開始

【得意ジャンル】
・仮想通貨
・電子書籍
・コスメ

【運営ブログ】
・仮想通貨ブログ:ブログURL

【資格】
・日商簿記3級

【稼働時間】
毎日5時間〜7時間の作業時間を確保しています。
得意分野以外のライティングもお引き受け可能ですので、お気軽にご相談ください。

上記の書き方をマネしてもいいですし、クラウドソーシングで他のライターさんのプロフィールをのぞいてみて、良さそうなプロフィールを参考にしてみるといいですよ。

提案文の質を上げる

提案文とは、案件へ応募する際のエントリーシートのようなものです。

提案文では自分をアピールする必要があるので、「初心者ですが精一杯取頑張ります!」だけの文章を送り付けてもほぼ採用してもらえません。

受注率をアップするなら、以下のことを意識して提案文を作成してみましょう。

提案文に記載したいこと
  • 応募動機
  • 自分の強み
  • 実績の記載(なければブログ記事を提示)
  • 1ヶ月の執筆可能数

長々と記載する必要はありませんが、自分を採用することがクライアントにとってメリットになると思わせることが重要です。

たくさん応募する

案件へ応募する際は、とにかくたくさん応募しましょう。

残念ですが、初心者ライターは実績がないため、応募しても返事がこないことがほとんどだからです。

うな

私の場合は20件ほど応募して、やっと1件の案件を受注できました。

正直、10件応募して1件返事がくればいい方です。

たくさん応募していればいつかは案件を受注できるので、めげずにたくさん応募しましょう!

初心者Webライターが月5万円稼ぐコツ

未経験からWebライターで月5万円を稼ぐコツは以下のとおりです。

月5万円を稼ぐコツ
  • 文字単価1円以上の案件に挑戦する
  • プロジェクト案件に応募する
  • 投資ジャンルに挑戦する

文字単価1円以上の案件に挑戦する

月1万円を稼ぐなら、文字単価1円以上の案件を受注することが近道です。

文字単価によって、5万円に必要な文字数は大きく変わりますよね。

例)5万円を達成するには・・・

・文字単価0.5円:10万文字必要
・文字単価1円:5万文字必要

文字単価1円以上の案件は競争率も高いですが、受注できれば大きく稼げるチャンスです!

書けそうな案件があったら、積極的に応募してみましょう。

プロジェクト案件に応募する

Webライターで稼ぎたいなら、タスク案件ではなく「プロジェクト案件」へ応募しましょう。

タスク案件:アンケートやデータ入力などの簡単な案件。単発のことが多い。

プロジェクト案件:中長期的にまとまった仕事をもらえる案件

タスク案件は比較的簡単に受注できますが、おこづかい稼ぎ程度にしかなりません。

Webライターで月5万円稼ぎたいなら、実績も積めて継続して案件がもらえる「ブロジェクト案件」だけに応募しましょう。

投資ジャンルに挑戦する

Webライターで月5万円を目指すなら、「投資ジャンル」の執筆がおすすめです。

なぜなら、投資ジャンルは書ける人が少ないうえに専門的な知識が必要なため、文字単価が高い傾向があるからです。

「専門知識がないから無理」という方も多いと思いますが、投資の本を読んだり、学びつつブログで発信して知識を得るという手もあります。

うな

私の場合も未経験から学びつつ仮想通貨についてブログで発信していたため、仮想通貨についての案件を受注できました。

実績として提示するブログが投資ジャンルだと、案件を受注しやすくなりますし、投資しつつアフィリエイトで稼ぐことも可能です。

以下でわたしが実践した仮想通貨ブログの始め方を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Webライターの始め方でよくある質問

最後に、Webライターを始めるうえでよくある疑問について回答していきます。

完全素人から月5万円も可能ですか?

可能です。

私自身Webライターは未経験でしたが、開始から1ヶ月で達成できました。

私の場合はブログを実績として提示していたため、運良く最初から文字単価1円以上のプロジェクト案件を受注できました。

ブログをやっていなかったとしても、最初の案件さえ受注できれば実績を積んでいけます。

本記事でご紹介した「初心者Webライターが月5万円稼ぐコツ」を参考に挑戦してみてください!

勉強は必要ですか?

最低限の勉強は必要です。

ライティングについての基礎を学ぶなら、以下の本を読んでみてください。

とはいえ、ライティングは実際に書いてみないと上達しません。

知識の習得は最低限でいいので、まずは書いて感覚をつかんでみましょう!

スマホだけでできますか?

スマホだけだと難しいです。

不可能というわけではありませんが、Webライターの案件はWordやGoogleドキュメントでの納品がほとんどです。

パソコンがあるのが望ましいですが、ない場合はせめて「タブレット+キーボード」を準備しておきましょう。

まとめ

今回は未経験からのWebライターの始め方をご紹介しました。

Webライターはネット環境とパソコンさえあればどこでも誰でもできるため、在宅で働きたい妊婦や主婦、子育て中のママでも無理なく稼げます。

実績を積んでいけば、ゆくゆくは在宅フリーランスとして大きく稼げる可能性も秘めた職業です。

挑戦したい!と感じた方は、まずは最初のステップとなるブログの開設からはじめてみてください。

期間限定キャンペーン中

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次