暮らす

結婚前のお金の管理はどうしてる?同棲3年目の我が家の場合は折半制

  • 同棲を始めたいけど、お金の管理はどうすればいいの?
  • 同棲中のお財布は一緒にするべき?
  • ほかのカップルはどうやって家計管理してるの?

これから同棲をしたいと思っているカップルなら、きっと最初に疑問に思うお金の管理方法。

結婚を前提に同棲するのであれば、なおさらお金のことは一緒に住むにあたってよく話し合う必要がありますよね。

そこで今回は、同棲3年目の我が家ではどのようにお金の管理をしているのかをご紹介します。

やの
やの
これからの同棲生活の参考にしてみてください。
パートナー
パートナー
あくまで僕たちの場合なので、ひとつの例として読んでみてほしいな。

お財布は別々に。我が家の生活費は完全折半制

収入の多い方が多めに生活費を出すカップルもいると聞きますが、我が家の固定費は全て完全に折半しています。

同棲開始時に1ヶ月にかかる固定費を計算した結果、お互いに毎月5万円ずつ2人の生活費として収入から入れることに決めました。

どちらかに、収入の全てを渡してやりくりしてもらうという訳でもないので、5万円以外のそれぞれの収入はお互い好きに使うようにしています。

固定費用の銀行口座を開設

最初の頃は、毎月5万円ずつ出し合った中から水道光熱費を払込用紙で現金払いをしていたのですが、支払いを後回しにして結局忘れてしまったことがありました。

そのため、支払いを口座振替にするために新しく彼名義で銀行口座を開設しました。

現在は水道光熱費と家賃を口座振替にしています。

この場合、元々持っていたどちらかの銀行口座を振替先に設定してしまうと、管理がしずらくなってしまいます。

新しく口座を開設したことで、お金の出入りはお互いの入金と毎月の固定費の支払いだけになり、銀行口座の入出金明細がそのまま家計簿になるので管理がとっても楽になりました。

また、もし私たちのように生活費用の銀行口座を開設する場合は、ネット銀行がおすすめです。

家賃や駐車場代などが振込の場合もあるので、振込手数料が安いネット銀行で少しでも節約しましょう。

おすすめのネット銀行や共同口座の作り方については、「【同棲カップル】生活費の支払いに「共同口座」が便利!おすすめな理由と使い方」で紹介しています。

私たちの場合は駐車場代だけ振込なのですが、当時はあまり考えずに選んで開設してしまったため、毎回手数料が432円かかっています。

ネット銀行によって様々ですが、条件によっては振込手数料が無料になる場合もあるので、これから口座開設するカップルはネット銀行をぜひ検討してみてください。

ちなみに一番のおすすめは、一つの口座内で役割を分けることができる「住信SBIネット銀行」です。

住信SBIネット銀行の目的別口座が貯金の管理に便利すぎ!特徴と使い方目的や目標ごとにご貯金の口座を分けたい方には、住信SBIネット銀行の「目的別口座」がおすすめです。口座を5つに分けて管理することができる、住信SBIネット銀行の「目的別口座」の特徴をまとめました。...
やの
やの
SBIネット銀行はわたしの貯金用として使っているけど、固定費用口座として彼名義で開設することも検討中です

食費・消耗品費の購入クレジットカードで

食材費やトイレットペーパーなんかの消耗品は、2人で買いに行ってその都度半分ずつ支払っていましたが、現在はクレジットカードを使っています。

クレジットカードの支払い口座は、もちろんふたりの固定費用に開設した銀行口座です。

自炊のためスーパーで購入する食材や消耗品費は「楽天カード」で支払っています。

外食は多くなる月もあったりと、月によって変動するので、ふたりの口座から出さずにその都度折半しています。

スポンサーリンク

財布を別にすることのメリット・デメリット

我が家はお互い毎月5万円ずつ家に入れていますが、それ以外の個人の収入は自由に使えるため、お財布は別々ということになります。

お財布は別にしたまま3年同棲してみると、メリット・デメリットそれぞれあるように感じました。

メリット

  • ほぼ好きなようにお金が使える
  • お金のことでの喧嘩はほとんどない

一定額を家に入れた後の固定費の支払いは、毎月振替のほったらかし状態なので、お金のことで揉めたことは3年間でほとんどありません。

自分のお金は自分で好きに管理できるので、ストレスなく生活できるのが財布を別にすることの最大のメリットだと思います。

デメリット

  • お互いの詳細な収入が把握できない
  • 貯金しているかわからない

一方デメリットとしては、お互いの収入を把握できないということです。

相手が何にどのように使っているのかわからないので、貯金がいくらあるのかもわかりません。

もちろん、大体の収入・貯金額は生活するうえで話に出るので大体は把握できると思いますが、いざ結婚というときに借金が発覚したり、貯金がない事がわかったりするかもしれません。

結婚を前提に同棲するのであれば、貯金や結婚資金については生活費とは別でよく話し合う事をおすすめします。

我が家は生活費とは別に、結婚資金としてお互い毎月1万円ずつ貯金していました。

やの
やの
最近彼が無職になってしまったため、貯金を切り崩してしまったんですけどね…

まとめ:我が家のお金事情

同棲3年目の我が家の家計をまとめると

  • 財布は別の折半制
  • 生活費用に銀行口座を開設
  • お互いに毎月一定額を入金
  • 固定費は口座振替
  • ふたりの食費・消耗品費はクレジットカード支払い
  • 外食等の変動費は購入ごとの折半

こんな感じで生活しています。

このやり方でほぼ喧嘩する事なく暮らしています。

財布を一緒にするか別々にするかの考え方は人それぞれなので、大前提としてまずは同棲の前によく話し合ってみてください。

やの
やの
これからの同棲生活、よく話し合って仲良く暮らす事ができますように♪