ブログ運営

【2018年11月】Googleアドセンス審査を5記事で合格できた私の対策

こんにちは。さちです。

2018年10月28日にこのブログを始めてから約2週間が立ちましたが、

なんと…

なんとなんと…

Googleアドセンスに一発合格できました!!!!

ブログを始めてからの一つの目標であったアドセンスの合格。

なんと、審査に出した時は5記事しか公開していない状態でした。

そこで今回は、記事が少ない状態ながら、アドセンス審査合格に向けて私が行った対策や、合格時のブログの状況などをお伝えいたします。

さち
さち
アドセンス合格を目指して頑張っている方の参考になれれば幸いです♪

アドセンス申請時のブログの状況

公開記事数と記事の内容

私がブログをアドセンスの審査に出したのは、ブログ開設から5日ほどのことでした。

この時のブログ記事数は5記事。

ブログはじめました」に関しては記事というより自己紹介といった感じの内容だったので、実質4記事という状態でした。

その後、審査に出してから結果が届く今日(10日後ほど)までにはプラスしてさらに7記事執筆しています。

プライバシーポリシーとお問い合わせフォーム

アドセンスの申請に合わせてプライバシーポリシーとお問い合わせフォームを設置しました。

私が使っている有料テーマの「JIN」にはプライバシーポリシーのテンプレートが固定ページにすでに用意されていたため、少し内容をかえるだけで簡単に設定できました。

お問い合わせフォームは、ワードプレスプラグインの「Contact Form 7」を使用しました。

サイトマップ

サイトマップの作成も必要という情報を事前調べで入手していたため、最初の5記事を公開してからサーチコンソールに登録し、サイトマップを送信しました。

サイトマップの作成は、「Google XML Sitemaps」というプラグインを使用しました。

アフィリエイトリンク

アフィリエイトリンクは貼っていない方がいいと聞いていたので、申請時の5記事には貼らずに審査に出しました。

しかし、その後結果待ちの間に「まあ、いっか」と謎の自信によって(?)A8ネット等のアフィリエイトリンクを3箇所ほど貼っています。

審査にどの記事まで見られていたのか定かではないので、アフィリエイトリンクに関しては多すぎる状態でなければ審査に問題はないのかなと思います。

スポンサーリンク

アドセンス審査のために気をつけたこと

自分の体験をもとに記事を執筆

アドセンス審査に申請した時の最初の5記事は、なるべく自分の事や実体験を元に書きました。

というのも、アドセンスに不合格した方の理由を調べていた時、独自性の低いコンテンツは不合格になる可能性が高いと知ったからです。

そのため、他の方と記事の内容が被ることが無いように、ほぼググらずに執筆しました。

特に、彼が退職代行を使って退職した記事は完全に実体験のため、独自性が高かったのでは無いかと思っています。

【体験談】退職代行SARABA(サラバ)で仕事を辞めた話【訴えられる危険は??】本人に代わって退職の手続きをしてくれる「退職代行サービス」。実際にSARABA(サラバ)を利用したので、感想や利用の流れなどを体験談をもとにお伝えします。...

少ない記事で審査に申請する

今回5記事の状態でアドセンスの審査に提出していますが、実は試しに半分・狙ってが半分でした。

理由は、アドセンス審査不合格という方の理由のほとんどが「ポリシー違反」だと知っていたためです。

なんらかの記事がポリシー違反である場合、記事数が多くなってしまうと、どの記事がポリシー違反になっているのかわからなくなってしまう可能性があります。

少ない記事で申請した方が、その分審査される記事の母数が減るので、違反を犯してしまう可能性も減ると思いました。

すでにたくさん記事を書いてしまっている場合は難しいと思いますが、私のような初心者の場合は、記事数が少ない内にアドセンス審査に出してしまった方が合格率が上がるのではないかと思います。

その分内容を独自性のあるものにすれば、少ない記事でも十分に合格は狙えると思います。

まとめ

今回、私は運よくアドセンスの審査を少ない記事数で一発合格することができました。

申請時の状態を改めてまとめると

  • 記事数5
  • プライバシーポリシーあり
  • お問い合わせフォームあり
  • サイトマップ送信済み
  • アフィリエイトリンク数カ所あり

また、申請の際気をつけたことは

  • 記事は実体験中心
  • あえて少ない記事数での申請

あくまで私の考察ではありましたが、これからアドセンスの申請をする方、不合格で悩んでいる方の参考に少しでもなれれば幸いです。

ではでは。